アーキテクチャ

(TBD)

エントリーポイント

GROWI 本体がプラグインパッケージを検出[1]すると、GROWI 本体はそれぞれのプラグインの メタデータ を解析し、クライアントサイドとサーバーサイドそれぞれのエントリーポイントとなるメソッドを記憶します。

クライアントサイドでの呼び出し

  • ブラウザによって GROWI クライアントの初期化が行われる際に、プラグインのエントリーポイントのメソッドを呼び出します
    • この時、1つの引数が渡されます
      1. 本体側の unstated Container 実装である AppContainer インスタンス

サーバーサイドでの呼び出し

  • GROWI サーバー起動時、プラグインのエントリーポイントのメソッドを呼び出します

  1. 検出のタイミングは、クライアントサイドでは webpack によるクライアントビルド時、サーバーサイドではサーバー起動時になります。 ↩︎