システムの起動

初回起動

GROWI-Dev devcontainer 内のターミナルで作業します。

依存ライブラリの取得

yarn

WARNING

npm install は利用しないでください

データマイグレーション

yarn migrate

フロントエンド・バックエンドサーバーの起動

新たに2つのターミナルを作成し、それぞれフロントエンドビルドのサーバー、バックエンドのサーバーを起動します。

  1. yarn build
    1. クライアントをビルドし、webpack-dev-server を起動します
    2. クライアント用ファイル群の変更を検知し、リビルドします
  2. yarn server
    1. Express サーバーを起動します
    2. サーバー用ファイル群の変更を検知し、Express サーバーをリスタートします

それぞれ、Ctrl-Cで終了することが出来ます。

2回目以降の起動

毎回、上記の 初回起動 のセクションを全て実行してください。

production 用の成果物をビルドして起動

上記の 初回起動 のセクションを参考に、以下を実行してください。

  1. 依存ライブラリの取得

  2. production 用にフロントエンドをビルドし、バックエンドサーバーを起動

    yarn start
    

npm コマンドリスト

command 詳細
build build:dev:watch を実行します
build:dev 開発用にクライアントのビルドを行います(自動で再ビルドしない)
build:dev:watch 開発用にクライアントのビルドを行います(変更時に自動で再ビルドします)
build:prod プロダクション用にクライアントのビルドを行います
server server:dev:watch を実行します
server:dev 開発用にサーバーを起動します
server:dev:watch ファイルを監視して変更時に自動で再起動します
server:prod プロダクション用にサーバーを起動します
start build:prodserver:prod を実行します