各種ツールの準備

Note

以下は WESEEK, Inc. での統一開発環境の紹介です。 そのため、開発にあたって必須ではない設定やツールの指定が含まれています。

3way-merge ツール

ホストPCで作業します。

  1. P4Merge (Helix Visual Client (P4V)) インストール
  2. P4Merge 設定
    • Diff タブで適当にファイルを2つ選択して OK
    • Edit -> Preferences...
      • 「Character encoding」で「Unicode (UTF-8, no BOM)」または BOM 表記のない「Unicode(UTF-8)」を選択
      • 「Line ending type」で「UNIX (LF)」を選択

Git のための GUI クライアント

WESEEK Rule

ブランチ操作、reset, rebase 操作に慣れていない人は必ず GUI クライアントをセットアップし、樹形図を常に確認しながら開発を進めましょう。

ホストPCで作業します。

  1. SourceTreeインストール
    • https://ja.atlassian.com/software/sourcetree からDLしてインストールする
    • 「Git が見つかりませんでした」というダイアログが表示された場合は、「システム全体でなく、SourceTree 単独で使うためだけの内蔵用の Git をダウンロードする。」を選択
  2. SourceTree設定
    1. SourceTree からターミナルを開く
    2. autoCRLF を無効化する
      • 以下をコピペして実行 git config --global core.autoCRLF false
    3. 自身のアカウント情報を設定
      • 「ツール > オプション > 全般」...
      • 「デフォルトのユーザ情報」を適宜設定
    4. P4Merge を設定
      • 「ツール > オプション > Diff」...
      • 「外部Diffツール」「マージツール」で「P4Merge」を選択
    5. デフォルトの文字コード設定
      • 「ツール > オプション > 全般」...
      • 「デフォルトの文字コード」で「utf-8」を選択

MongoDB のための GUI クライアント

  1. Robo 3T をインストール

docker, docker-compose 実行環境のインストール

ホストPCで作業します。

    Git 設定

    devcontainer は 自動的に docker ホストの設定を拝借します。
    ここではコンテナ内部から参照するためのホスト側の設定を行います。

      Visual Studio Code のセットアップ

      1. Visual Studio Code をインストール
      2. 拡張機能をインストール
        • 「Remote - Development」extension のインストール
        • 「Docker」extension のインストール