systemd による自動起動

概要

この章では、GROWI を systemd によって自動起動させる方法を紹介します。

ユニットファイルを作成する。

/etc/systemd/system/growi.service を作成し、以下の内容を書き込みます。

[Unit]
Description=Growi
After=network.target mongod.service

[Service]
WorkingDirectory=/opt/growi
Environment=PORT=3000\
MONGO_URI=mongodb://localhost:27017/growi\
ELASTICSEARCH_URI=http://localhost:9200/growi
ExecStart=/usr/local/bin/npm start

[Install]
WantedBy=multi-user.target

設定事項

WorkingDirectory

GROWI のディレクトリのある場所を指定します。
GROWI Docs に従ってインストールした場合は /opt/growi です。適宜環境に合わせて設定してください。

Environment

環境変数を指定します。
MONGO_URIFILE_UPLOAD などをここで指定します。

ExecStart

起動コマンドを指定します。
適宜環境に合わせて設定してください。CentOS では /usr/bin/npm start に変更する必要があります。

systemctl による操作

起動

$ sudo systemctl start growi

自動起動の有効化

$ sudo systemctl enable growi
Last Updated: 5/22/2019, 6:38:41 AM