複数の GROWI を起動

TIP

この Cookbook は docker-compose による管理を前提としています

概要

この章では1つのマシン上に3つの GROWI を立ち上げる手順を紹介します。

イメージのビルド

Docker イメージをビルドします。growi-docker-compose がインストールされているフォルダにて、以下のコマンドを実行してください。

$ docker build -t growimulti_app .

docker-compose.yml の編集

./docker-compose.yml ファイルの services:app およびボリュームを以下のように複製してください。なお、今回はリソース節約のために Mongo DB と Elasticsearch はそれぞれ1つだけで運用します。

...

services:
  app-1:
    # 上記でビルドしたイメージ名に合わせます
    image: "growimulti_app:latest"
    ports:
      - 127.0.0.1:3001:3000
    links:
      - mongo:mongo
      - elasticsearch:elasticsearch
    depends_on:
      - mongo
      - elasticsearch
    environment:
      # この MONGO_URI と ELASTICSEARCH_URI のパス名は app-1 用のものに揃えてください
      - MONGO_URI=mongodb://mongo:27017/growi-1
      - ELASTICSEARCH_URI=http://elasticsearch:9200/growi-1
      - PASSWORD_SEED=changeme
    command: "dockerize
              -wait tcp://mongo:27017
              -wait tcp://elasticsearch:9200
              -timeout 60s
              npm run server:prod"
    restart: unless-stopped
    volumes:
      - growi_data_1:/data

  app-2:
    # 上記でビルドしたイメージ名に合わせます
    image: "growimulti_app:latest"
    ports:
      - 127.0.0.1:3002:3000
    links:
      - mongo:mongo
      - elasticsearch:elasticsearch
    depends_on:
      - mongo
      - elasticsearch
    environment:
      # この MONGO_URI と ELASTICSEARCH_URL のパス名は app-2 用のものに揃えてください
      - MONGO_URI=mongodb://mongo:27017/growi-2
      - ELASTICSEARCH_URI=http://elasticsearch:9200/growi-2
      - PASSWORD_SEED=changeme
    command: "dockerize
              -wait tcp://mongo:27017
              -wait tcp://elasticsearch:9200
              -timeout 60s
              npm run server:prod"
    restart: unless-stopped
    volumes:
      - growi_data_2:/data

  app-3:
    # 上記でビルドしたイメージ名に合わせます
    image: "growimulti_app:latest"
    ports:
      - 127.0.0.1:3003:3000
    links:
      - mongo:mongo
      - elasticsearch:elasticsearch
    depends_on:
      - mongo
      - elasticsearch
    environment:
      # この MONGO_URI と ELASTICSEARCH_URI のパス名は app-3 用のものに揃えてください
      - MONGO_URI=mongodb://mongo:27017/growi-3
      - ELASTICSEARCH_URI=http://elasticsearch:9200/growi-3
      - PASSWORD_SEED=changeme
    command: "dockerize
              -wait tcp://mongo:27017
              -wait tcp://elasticsearch:9200
              -timeout 60s
              npm run server:prod"
    restart: unless-stopped
    volumes:
      - growi_data_3:/data

...

volumes:
  # それぞれの GROWI で使用しているボリューム名に合わせてください
  growi_data_1:
  growi_data_2:
  growi_data_3:

...

起動

以下のコマンドを実行後、それぞれのポートにアクセスして起動を確認します。

$ docker-compose up

http://localhost:3001 (app-1)

http://localhost:3002 (app-2)

http://localhost:3003 (app-3)

アップグレード

コンテナを停止

docker-compose stop

Docker イメージと App コンテナの削除

docker-compose rm app-1
docker-compose rm app-2
docker-compose rm app-3
docker rmi growimulti_app
docker rmi weseek/growi:3

Docker イメージの起動

git pull
docker build -t growimulti_app .

起動

docker-compose up
Last Updated: 7/25/2019, 7:37:36 AM