docker-compose

概要

この章では docker-compose を用いて GROWI を立ち上げる方法を紹介します。

セットアップには以下のソフトウェアが必要となるため、事前にインストールしてください。

  • Docker
  • docker-compose

growi-docker-compose のダウンロード

https://github.com/weseek/growi-docker-compose の「Clone or download」ボタンから、ソースコードをダウンロードもしくは git コマンドにより clone します。

git clone https://github.com/weseek/growi-docker-compose.git growi

GROWI の起動確認

ダウンロードしたフォルダ内にて以下のコマンドを実行します。

cd growi
docker-compose up

http://localhost:3000/ にアクセスし、初回セットアップ画面(/installer)の表示が確認できれば GROWI 起動完了です。

localhost 以外からのアクセス

docker-compose.yml ファイル内の ports を変更することで localhost 以外からのアクセスを許可することができます。

変更前

services:
  app:
    ports:
      - 127.0.0.1:3000:3000

変更後

services:
  app:
    ports:
      - 3000:3000

Elasticsearch のメモリ容量を変更

メモリに十分な空き容量がある場合、docker-compose.yml ファイル内の ES_JAVA_OPTS の値を変更することで、Elasticsearch のヒープ領域を増やすことができます。

environment:
  - "ES_JAVA_OPTS=-Xms2g -Xmx2g"

GROWI のアップグレード

GROWI を v3.4.x にアップグレードする

以下のページで、v3.3.x 以下の GROWI を利用してる人向けに v3.4.x へのアップグレードの手順を説明しています。

GROWI v3.4.x へのアップグレード

コンテナのアップグレード

growi-docker-compose をダウンロードしたフォルダにて、コンテナを停止します。

cd growi
docker-compose stop

既存の Docker コンテナと Docker イメージを削除します。

docker-compose rm app mongodb elasticseach
docker rmi weseek/growi:3

最新版を pull し、Docker イメージを作成した後、コンテナを立ち上げます。

git pull
docker-compose build
docker-compose up

起動後、GROWI App の管理画面の全文検索管理ページ( /admin/search )で、インデックスを再構築してください。

関連ページ

  • 複数の GROWI を立ち上げる

growi-docker-compose Multiple Sites Example を利用した複数 app の起動手順

  • HTTPS プロキシを利用する

growi-docker-compose with HTTPS proxy Example を利用した HTTPS プロキシの利用手順

  • MongoDB にページデータとユーザーデータのバックアップをとる

growi-docker-compose with backup MongoDB container example を利用した MongoDB へのバックアップ作成手順

  • HackMD による複数人同時編集機能を利用する

HackMD(CodiMD) Integration Example を利用した HackMD 統合

Last Updated: 6/20/2019, 4:10:50 AM