Ubuntu Server

概要

この章では Ubuntu Server 16.04 (Xenial) に GROWI をインストールする方法を紹介します。 14.04 や 18.04 は現在未検証です。

セットアップに必要となるソフトウェアは以下の通りです。

  • node.js 8.x (DO NOT USE 9.x)
  • npm 5.x or 6.x
  • yarn
  • MongoDB 3.x
  • (Option) Elasticsearch 5.x
  • (Option) systemd
  • (Option) Apache or nginx

Option となっているものは必須ではありませんが、このドキュメントではこれらを全て利用し、全文検索可能な GROWI を Apache or nginx でリバースプロキシする環境を構築し、systemd でホスト起動と同時に起動させるところまでを扱います。

node.js 8.x & npm のインストール

NodeSource repository を利用する

https://deb.nodesource.com/ から Node.js をインストールスクリプトを取得します。作業ディレクトリはホームディレクトリで作業します

$ cd ~
$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_8.x -o nodesource_setup.sh

取得したスクリプトを実行します。

$ sudo bash nodesource_setup.sh

これで apt-get 経由で node.js が取得できるようになったので、 apt-get コマンドでインストールを行います。

$ sudo apt-get install nodejs

GROWI では yarn を用いたパッケージインストールを利用するため、ここで yarn コマンドをインストールしておきます。

$ sudo npm install -g yarn

Node.js, npm, yarn のインストールが完了したら、インストールしたバージョンを確認しましょう。

$ nodejs -v
v8.11.3
$ npm -v
5.6.0
$ yarn -v
1.9.2

Elasticsearch

インストール

公式ページ に従い、インストールを進めます。 ここでは Elasticsearch 5.x をインストールするために若干の修正をしています

まず、Elasticsearch を実行できるように JDK8 をインストールします。

$ sudo apt-get install openjdk-8-jdk

パッケージをインストールするために、Elasticsearch レポジトリの GPG キーを追加します。

$ wget -qO - https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch | sudo apt-key add -

https 経由で apt コマンドによるインストールを行うために、 apt-transport-https パッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install apt-transport-https

Elasticsearch のレポジトリを追加します。

$ echo "deb https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/apt stable main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/elastic-5.x.list

これで、apt-get 経由で Elasticsearch がインストールできるようになったため、インストールを行います。

$ sudo apt-get update && sudo apt-get install elasticsearch

インストールが完了したら、Elasticsearch に割り当てるメモリを調整します。メモリの割り当ては個人ユースであれば 256MB で十分です。チーム規模、ページの量に応じて変更してください。

$ sudo vim /etc/elasticsearch/jvm.options
# 編集前
-Xms1g
-Xmx1g

# 編集後
-Xms256m
-Xmx256m

インストールが完了したら、 パッケージのバージョンを確認します。

$ dpkg -l | grep elasticsearch
ii  elasticsearch                    5.6.10                                     all          Elasticsearch is a distributed RESTful search engine built for the cloud. Reference documentation can be found at https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/index.html and the 'Elasticsearch: The Definitive Guide' book can be found at https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/guide/current/index.html

systemctl コマンドを使って、Elasticsearch を起動します。

$ sudo systemctl start elasticsearch

elsticsearch の自動起動設定を有効化します。

$ sudo systemctl enable elasticsearch

正常に起動しているか確認を行います。

$ sudo systemctl status elasticsearch

GROWI に必要な Elasticsearch プラグインのインストール

以下の Elasticsearch plugin をインストールします

まずは、Elasticsearch plugin をインストールするために利用するコマンドを検索します

$ dpkg -L elasticsearch | grep bin | grep plugin
/usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin

上記で出力されたコマンドを利用して、 analysis-kuromoji plugin と analysis-icu plugin をインストールします

# analysis-kuromoji のインストール
$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install analysis-kuromoji

# analysis-icu plugin のインストール
$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install analysis-icu

MongoDB

インストール

公式ページ に従ってインストールを実施します。 バージョンは、MongoDB 3.6 です。

まずは、apt のために public key をインポートします。

sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv 2930ADAE8CAF5059EE73BB4B58712A2291FA4AD5

レポジトリの追加を行います。 ここでは Ubuntu 14.04 と Ubuntu 16.04 の例を記載しています。

Ubuntu 14.04

$ echo "deb [ arch=amd64 ] https://repo.mongodb.org/apt/ubuntu trusty/mongodb-org/3.6 multiverse" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-3.6.list

Ubuntu 16.04

$ echo "deb [ arch=amd64,arm64 ] https://repo.mongodb.org/apt/ubuntu xenial/mongodb-org/3.6 multiverse" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-3.6.list

レポジトリの追加まで完了したため、MongoDB のインストールを行います。

$ sudo apt-get update && sudo apt-get install mongodb-server

インストールが完了したら、 パッケージのバージョンを確認します。

ii  mongodb-org                      3.6.6                                      amd64        MongoDB open source document-oriented database system (metapackage)
ii  mongodb-org-mongos               3.6.6                                      amd64        MongoDB sharded cluster query router
ii  mongodb-org-server               3.6.6                                      amd64        MongoDB database server
ii  mongodb-org-shell                3.6.6                                      amd64        MongoDB shell client
ii  mongodb-org-tools                3.6.6                                      amd64        MongoDB tools

systemctl コマンドを使って、MongoDB を起動します。

$ sudo systemctl start mongod

MongoDB の自動起動設定を有効化します。

$ sudo systemctl enable mongod

正常に起動しているか確認を行います。

$ sudo systemctl status mongod

GROWI

インストール

https://github.com/weseek/growi からソースコードを取得し、https://github.com/weseek/growi/releases にて、最新の安定版のバージョンを確認します。

ここでは /opt/growi 配下にインストールする手順を記載しています。

$ sudo mkdir -p /opt/
$ cd /opt/
$ sudo git clone https://github.com/weseek/growi /opt/growi
$ cd /opt/growi

# タグの確認
$ sudo git tag -l
...
v3.1.7
v3.1.8
v3.1.8-RC
v3.1.8-RC2
v3.1.9
v3.2.0-RC4
...

# RC がついていない最新版を利用
$ sudo git checkout -b v3.1.9 refs/tags/v3.1.9

ソースコードを clone した後に、yarn コマンドを利用して、 GROWI に必要なパッケージをインストールします。

$ cd /opt/growi
$ sudo yarn

起動確認

パッケージのインストールが完了したら、起動確認を行います。

ここでは MongoDB と Elasticsearch が同一ホストで稼働していることを前提としています。

MONGO_URIELASTICSEARCH_URI は環境に合わせて適宜書き換えてください。

$ sudo \
MONGO_URI=mongodb://localhost:27017/growi \
ELASTICSEARCH_URI=http://localhost:9200/growi \
npm start

...
# 以下のメッセージが表示されるまでしばらく待つ
> growi@3.1.9 server:prod /opt/growi
> env-cmd config/env.prod.js node app.js

http://<hostname or ip address>:3000/ にアクセスし、初回セットアップ画面が表示されることを確認します。

systemd による自動起動の設定

systemd による自動起動」を参照して下さい。

リバースプロキシの設定

ここでは、起動した GROWI に対してリバースプロキシを行うための設定例を記載します。

Apache

インストール

$ sudo apt-get update && sudo apt-get -y install apache2

必要なモジュールの有効化

proxy, proxy_http, proxy_wstunnel module をインストールします

$ sudo a2enmod proxy proxy_http proxy_wstunnel

リバースプロキシの設定例

ここではリバースプロキシに関する箇所を抜粋して記載しています。

<IfModule mod_ssl.c>
  <VirtualHost _default_:443>
    ...
    ###
    # reverse proxy to crowi
    # Header に Host: example.com を追加するため
    ProxyPreserveHost On
    # HTTPS利用時: Header に x-forwarded-proto: https を追加するため
    RequestHeader set x-forwarded-proto 'https'
    # Apache では static assets で 304 が返らないことがあるので ETag を無効化する
    <ifModule mod_headers.c>
            Header unset ETag
    </ifModule>
    FileETag None

    # socket.io の path を rewrite する
    RewriteEngine On
    RewriteCond %{REQUEST_URI}  ^/socket.io            [NC]
    RewriteCond %{QUERY_STRING} transport=websocket    [NC]
    RewriteRule /(.*) ws://localhost:3000/$1 [P,L]

    ProxyPass / http://localhost:3000/
    ProxyPassReverse / http://localhost:3000/
    ...
  </VirtualHost>
</IfModule>

自動起動の設定

$ sudo systemctl enable apache2

Nginx のインストールと設定

インストール

$ sudo apt-get update && sudo apt-get -y install nginx

リバースプロキシの設定例

ここでは HTTPS を利用する設定例を記載しています。 <server> など<>で囲まれている箇所は、適宜環境に合わせて設定してください。

upstream growi {
    server localhost:3000;
}

map $http_upgrade $connection_upgrade {
    default Upgrade;
    ''      close;
}

server {
    listen 443 ssl spdy;
    server_name <server>;
    ssl_certificate <cert_file>;
    ssl_certificate_key <key_file>;

    location / {
        proxy_set_header Host $host;
        proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;
        proxy_set_header X-Forwarded-Port $server_port;
        proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
        proxy_pass http://growi;
        proxy_http_version 1.1;
        proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
        proxy_set_header Connection $connection_upgrade;
        proxy_read_timeout 900s;
    }
}

server {
    listen 80;
    server_name <server>;
    return 301 https://$server_name$request_uri;
}

自動起動の設定

$ sudo systemctl enable nginx
Last Updated: 3/21/2019, 12:31:02 PM