GROWI v3.5.x へのアップグレード

v3.5 では、スキーマバージョンが 2 のプラグインをサポートしなくなり、スキーマバージョン 3 のプラグインのみ動作するようになりました。

また、以下の3つの機能が廃止されました。

プラグインについて

TIP

公式の docker イメージを利用しているシステムには影響はありません

公式プラグインである weseek/growi-plugin-lsxweseek/growi-plugin-pukiwiki-like-linker は、スキーマバージョン 3 でリリースされた v3.0.0 へアップグレードしてください。

プラグインアップグレード手順

yarn upgrade growi-plugin-lsx --latest
yarn upgrade growi-plugin-pukiwiki-like-linker --latest

Basic 認証廃止について

TIP

GROWI の管理画面上で Basic 認証を設定していなかったシステムには影響はありません

WARNING

GROWI の管理画面上で Basic 認証を設定していたシステムは、アップグレード後 Basic 認証で守られなくなります

アップグレード前にチェックすべきこと

  • GROWI の管理画面(セキュリティ設定)で、Basic 認証を設定しているか
  • GROWI の管理画面(セキュリティ設定)で、ゲストユーザーへのアクセスはどのような設定になっているか
    • ゲストによる閲覧を許している場合、既存ページに機密性の高い情報はないか

代替手段

  • Basic 認証が必要な場合は、別途 Apache や nginx 等によるリバースプロキシの設置を検討してください

Crowi Classic 認証機構廃止について

TIP

Passport 認証機構を利用していたシステムは影響ありません

WARNING

Crowi Classic 認証機構を利用していた場合、各ユーザーが行っていた Google OAuth 認証連携の設定は無効になります

影響

  • GROWI v3.5.x 以降、デフォルトで自動的に Passport 認証機構を利用するようになります
  • ユーザー名/E-mail とパスワードによるログインを行っていたユーザーは、これまで同様の操作でログイン可能です
  • Google OAuth 認証連携は無効になります
    • ユーザー名/Email とパスワードを忘れているユーザーはログインできなくなります

アップグレード前にチェックすべきこと

  • Google OAuth によるログインを常用しているユーザーがいないか
    • 当該ユーザーの中に、ユーザー名/Email とパスワードを忘れているユーザーがいないか
      • 当該ユーザーにパスワードの再発行を行い、正常にログインできることを確認したか
  • v3.5 以降へのバージョンアップ前に Passport 認証機構への切り替え期間を設けられないか

代替手段

  • Passport 認証機構への切り替え後、管理画面(セキュリティ設定)で新たに Google OAuth の設定を行う

Crowi Template 記法廃止について

WARNING

Crowi Template 記法は処理されなくなります

アップグレード前にチェックすべきこと

  • Crowi Template 記法を常用しているユーザーがいないか

代替手段

  • GROWI が搭載している「同一階層テンプレート」「下位層テンプレート」での運用を検討してください
Last Updated: 7/5/2019, 2:21:14 PM