MongoDB のアップグレード

WARNING

この項目の内容は、以下の GROWI バーションアップ時に必要な場合があります。

GROWI のバージョン v4.1.x から v4.2.x にアップグレードする場合は、以下のセクションのうち、「v3.4からv3.6(またはv3.6からv4.0)」から「v4.2からv4.4」までを上から順に一つずつ操作する必要があります。

MongoDB v3.4 から v3.6 へのアップグレード

Note

GROWI v3.3以前を利用したことがない場合、本セクションは飛ばして構いません。

v3.4 から v3.6 へのアップグレードはこちら (opens new window)を参照してください。

MongoDB v3.6 から v4.0 へのアップグレード

v3.6 から v4.0 へのアップグレードはこちら (opens new window)を参照してください。

MongoDB v4.0 から v4.2 へのアップグレード

v4.0 から v4.2 へのアップグレードはこちら (opens new window)を参照してください。

MongoDB v4.2 から v4.4 へのアップグレード

v4.2 から v4.4 へのアップグレードはこちら (opens new window)を参照してください。

付録A: docker ユーザーのためのアップグレード手順例

以下は MongoDB を v4.2 から v4.4 にアップグレードする場合の例です。
実際の MongoDB コンテナ名を MONGO_CONTAINER_NAME に設定してください。

  1. MongoDB v4.2 起動中に以下を実行

    export MONGO_VERSION=4.2
    export MONGO_CONTAINER_NAME=mymongodb
    docker exec $MONGO_CONTAINER_NAME mongo --eval 'db.adminCommand( { setFeatureCompatibilityVersion: "'$MONGO_VERSION'" } )'
    
  2. MongoDB v4.2 を停止

  3. MongoDB v4.4 を起動

付録B: docker-compose ユーザーのためのアップグレード手順例

以下は MongoDB を v4.2 から v4.4 にアップグレードする場合の例です。
実際の MongoDB サービス名を MONGO_SERVICE_NAME に設定してください。

  1. MongoDB v4.2 起動中に以下を実行

    export MONGO_VERSION=4.2
    export MONGO_SERVICE_NAME=mymongodb
    docker-compose exec $MONGO_SERVICE_NAME mongo --eval 'db.adminCommand( { setFeatureCompatibilityVersion: "'$MONGO_VERSION'" } )'
    
  2. MongoDB v4.2 を停止

  3. yml 内の MongoDB の指定バージョンを変更

  4. MongoDB v4.4 を起動